理事長あいさつ

21世紀の人類社会は人口増加、資源・エネルギー争奪、食糧・水不足など多くの課題が噴出しており、科学技術イノベーション立国を目指す我が国においては、将来を担う若者の理科離れが深刻化しております。

我々はこのような状況に対して、万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの精神を基礎に、産・官・学・民が協働して科学技術と文化・芸術が融合する新しい教育、環境・産業分野を確立し、次代の先端科学技術を担う若き人材の育成、地球環境への理解と関与、持続可能な社会・産業づくりなどを支援することで、地域・地球が直面する多様な問題の解決に貢献したいと考えております。

ダ・ヴィンチが今の時代に生きていたならば、ロボット研究を通じて、人間学を究めたに違いないだろうと考えられます。
その思想を引き継ぎ、発展させることが、大阪「ダ•ヴィンチ•ミュージアム」設立につながると期待され、ロボットの展示に加えて、会場案内ロボットや来訪者を巻き込んだロボット実証実験を含んだ、ロボットと共生する街創りに貢献したいと考えております。

FaceOften1

大阪大学大学院工学研究科教授     浅田稔